ロンドンのウェブ制作・コンテンツマーケティング会社 London-based Japanese Content Marketing Firm

What makes you happy?

 
sam-wheeler-95303.jpg

Who we are

わたしたちはロンドン東京に拠点を置く「ウェブメディアの海外進出を支援するクリエイティブスタジオ」です。日本のデジタルプロダクション&エージェンシーTAMグループの一員であり、シンガポール、台湾、サンフランシスコの系列企業と連携を取りながら、グローバル市場に向けたウェブメディア戦略の立案と、これに合わせた多言語コンテンツの制作・ソーシャルメディア運用を行なっています。

 

Service

 

 

GLOBAL MEDIA MARKETING

メディアのグローバル戦略立案

 

CREATIVE TRANSLATION & SEO

地域や国に合わせたメディアの言語対応・翻訳

地域や国に合わせたSEO対策

 

GLOBAL SOCIAL MANAGEMENT

地域や国に合わせたソーシャル戦略の立案・運用

 

CONTENT MARKETING & ADs

メディアに関わるあらゆるコンテンツ・広告の制作

 

nasa-63032.jpg
 

Languages & Areas We Cover

わたしたちのミッションは、「言語の壁をのりこえ、地域の文化を理解したメディア運営とコンテンツの制作運用」

コンテンツの受け手と発信者がともに幸せになる未来を目指し、最先端のデジタルテクノロジー取り入れながら、その土地の文化に寄り添ったコンテンツを丁寧に作り上げていきます。

 

 

対応言語

英語、スペイン語、フランス語、台湾語(繁体字)、日本語 


対応地域

ヨーロッパ(イギリス、スペイン、フランス)、アメリカ、台湾、日本


Philosophy

コンテンツ戦略で大切な4つのこと

 

なにを伝えるか

なにを伝えるかはメディアの存在意義そのものです。メディアの成長戦略を練る前に、まずはクライアントとともにディスカッションを重ね「世界に向けて本当に伝えたいこと」(コアメッセージ)を確認します。これはメディア全体のブランディングにも通底します。ターゲットの言語や文化が変わっても、「コアメッセージ」が変わることはありません。


だれに伝えるか

海外に向けてコンテンツを作り、メディアを成長させるためにはしっかりとしたターゲットの策定が不可欠です。同じ「英語」でも、アメリカ向けなのかイギリス向けなのかシンガポール向けなのかで内容や表現、注力するべきソーシャルメディア戦略は変わります。


いつどこで伝えるか

ターゲットを念頭に、効率的で意味のある記事流通の仕組みを考えます。メディア設計で重要なのは検索流入、参照流入、直接流入をどう組み合わせるかです。わたしたちは与えられたリソースで最適なチャネル戦略を策定し、KPI達成を目指します。


どう伝えるか

記事流通の戦略を立てた後は、どのように伝えるか、コンテンツのクリエイティブが重要です。例えば、参照流入。ユーザーにはツイッターとフェイスブックで異なるクリエイティブのコンテンツを届けるべきだと考えます。そのチャネルに最適なものを用意することで、エンゲージメントを高めることが狙いです。

 

Strategy

メディアグロースの3要件

メディアの成長を支えるのは「検索」「参照」「直接」の3つ流入施策。

メディアの目的と目標に応じてこれらのバランスを調整していきます。

 

 

検索流入対策

SEOテクニックを十分に取り入れながら、クリエイティブとのバランスを重視したコンテンツを作成します。グローバル展開に際しては、国ごと言語ごとに競合分析をしていきます。

 

参照流入対策

ソーシャル運営には各チャネルに応じたオリジナルのコンテンツ制作と、投稿カレンダーの作成が不可欠です。カレンダーの作成にあたっては、国ごとの生活サイクルを見極めていきます。

 

直接流入対策

ロイヤルユーザーを育成するため、トップページを魅力的なものにすることが大切です。地域ごとに最適な企画を練っていきます。

TAM Yellow.png

Our Office

Tel: 07450-717-811 (UK)

5 Tanner St, London SE1 3LE

 

Contact Us

お問い合わせにあたり、弊社プライバシーポリシーをご確認ください。

*
nasa-53884 (2).jpg